健康管理!食事の「質」

食事の質次第で健康または病気にもかかわってくるのです - 食事の持っている働きとは?

最近のコメント

    アーカイブ

    食事の持っている働きとは?

    毎日の食事というのは体にとって、3つの働きを持っているものなのです。それら3つとは、「体を作る働き」、「体を調整する働き」、「体を動かす働き」です。これらが基本的な食事の体への働きと言えます。これらの働きを得るために、私たち人間は食事しているとも言えます。おいしい食事はいいものですが、単なる欲求の満足のために食事をしているのではありません。食事には、単なる「美味しい」「楽しい」などの以外に多くの働きがあるものなのです。例えば、具体的には「体を動かす働き」としているのは、たんぱく質です。たんぱく質はきっと皆さんが好きなはず。きっと若い人の中には十分すぎるくらいの量を摂取している人もいるのではないでしょうか。さて、たんぱく質というのは毎日、毎食大切な栄養素です。必ず摂取する栄養素です。しかし特別なものではありません。たんぱく質というのは、どういったものかというと、肉や魚、豆腐、卵などのことです。これらの食品を摂取すると、私たちはたんぱく質を体内に摂取することができて、体の動きを活発化することができるのです。たんぱく質は1つの例ですが、私たちはこうしたことに考慮しながら食事を調節していく必要があるのです。大切な栄養素(成分)としては、基本的には3大栄養素があります。先に説明したたんぱく質、それに加えて、炭水化物と脂質です。これらは一回の食事では最低限摂取しなければならない栄養素といえます。

      « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

    Copyright(C)2014健康管理!食事の「質」All Rights Reserved.