健康管理!食事の「質」

食事の質次第で健康または病気にもかかわってくるのです - 豆乳鍋

最近のコメント

    アーカイブ

    豆乳鍋

    豆乳鍋
    みなさんこんにちは。今日は豆乳鍋をご紹介しようと思います。
    大豆は、豆乳の原材料になる食材なんですが、大豆そのままだと、一般的には、栄養分の消化が
    よくないと言われています。
    大豆が加工され、豆乳となった時に、大豆のもつ栄養素の吸収も高まるといわれています。
    栄養が優れている事から、体の弱い方や、小さい赤ちゃんにも
    適していると言われています。豆乳にはお肉に含まれている動物性たんぱく質でなく
    植物性のたんぱく質がたくさん含まれています。ですので、接取カロリーも軽いんです。
    だから、大豆のもつ植物性タンパク質は、体にもいいし、ヘルシーなんですね。
    ホルモンを作る上でも大切な役割をしてくれる栄養素なんです。
    特に、女性にとっては、ホルモンバランスは大切ですから、
    豆乳を取る事は身体にいいですね。
    材料。豆乳400cc。鶏がらスープ200cc。はくさい二分の一。豆腐一丁。にんじん二分の一。
    にら少々。豚肉(どこの部位でもかまわない)200g。もやし1袋。塩コショウ。
    作り方。1。まず豚肉を口に入れやすい大きさに切ります。
    2。つぎに、はくさいを4センチ位の間隔で切ります。
    3。豆腐は縦横、2つ位線をいれて切ります。
    4。もやしをよく水洗いします。
    5。にんじんを3センチ×2センチ位に切ります。
    6。材料を切りそろえられたらスープを作ります。豆乳に鶏がらスープを足して、鍋に
    火をかけます。
    7。6に材料をすべて入れます。最初は弱火で煮込みます。
    8。少し沸騰してきたら、火を強くします。
    9。野菜が煮詰まってきたら、塩コショウで味を調えて出来上がりです。
    豆乳の栄養と、お野菜の栄養で、ダブルで栄養満点のお鍋です。試してみてください。

    関連記事

      « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

    Copyright(C)2014健康管理!食事の「質」All Rights Reserved.